プリント基板について勉強する

プリント基板と関係があるノイズの種類

プリント基板と関係があるノイズの種類 プリント基板のアートワーク設計を行う時、電源ランドと信号ランドを平行に設けると、電源からの影響を受けてしまい、信号にノイズが入り込んでしまう事が多くあります。
電源回路を近づけ事を極力避ける事がプリント基板のアートワーク設計には必要です。
また、ICの電源端子近くに、カップリングコンデンサを挿入するようなアートワーク設計を行う事もノイズ対策に効果的です。
カップリングコンデンサはセラミックコンデンサの0.1μFなどの容量のものを使うと良いでしょう。
信号線をアースランドで囲むようにするのもノイズ対策に効果的です。
信号線を伸ばした両側にアースランドを設けるようにアートワークを作る事で、信号線はプリント基板上でシールドされた状態で流れるようになります。
これは配線の同軸ケーブルなどと同じような役割を持たせる事が出来るため、ノイズで悩まされた時など効果的な方法です。
ノイズには発振音が生じる種類などもありますが、電源ラインと離す、パターンを短くするなどの対策で収まる事が多くあります。

プリント基板と関係があるノイズの分類方法とは

プリント基板と関係があるノイズの分類方法とは 最近の電子設計においては非常に重要になってくるものが、大きな回路規模になるとデジタルの高周波のノイズ成分がプリント基板にみえてくることになります。
こうしたノイズを分類していくとインピーダンスが高い場所ではアンテナの役割をして高周波をひろってしまうといったノイズが原因で、回路が正しく動かなくなる可能性があります。
このような場合、しっかりとした対策をするために、プリント基板上でインピーダンスの高い配線をできるだけGNDなどのパターンでシールドしてあげることで、ノイズを防ぐ方法があります。
さらに、多くの方法としては、様々な回路要因を取り除くために、高周波ノイズとその他のノイズに分類することで、部品の配置をしっかりと検討しておくことも大切になります。
このようにどの成分のノイズが出ているのかを解析するためにはスペクトルアナライザを用いて様々なアプローチからプリント基板を正確に解析していくことになります。

新着情報

◎2019/3/18

プリント基板をインターネットで依頼
の情報を更新しました。

◎2018/12/10

耐熱温度の高い基板
の情報を更新しました。

◎2018/8/3

フレキシブル基板とは
の情報を更新しました。

◎2018/5/8

リターンパスを確保する
の情報を更新しました。

◎2018/2/9

配線をできるだけ短くする
の情報を更新しました。

◎2018/1/12

サイト公開しました

「ノイズ 種類」
に関連するツイート
Twitter